Xen Atherosの無線LANドライバに不具合


Xen3.0.3をインストールした後、Xenカーネルで立ち上げ直す訳ですが、
XenカーネルではAtherosの無線LAN(AR5414) は始めから認識します。
madwifiを使用して、カーネルを再構築するのも手なのかもしれませんが、
そんな煩わしい事もなくとりあえず動くことはわかりました。

しかし!
重大な欠陥がありました。

AR5414をath5kとして認識し、OSからはwlan0という形で見えているのですが、
これもXenの仮想マシン(DomainU)に割り当てると、

ath5k phy0: unsupported jumbo

なるエラーがコンソールに何度も吐き出され、そしてwlan0は落ちます。
つまりこれがどうゆう事かと言うと、Atherosの無線LANを、DomainUに割り当てることが出来ないということです。
間違って設定してしまった場合は、wlan0とxenbr<番号>の結び付けを解除した後に、OSをリブートしなければなりません。
xendのrestartだけでは回避できませんでした。。。

Xen Server5.5でも、BroadcomのNICを使用すると、特定の条件でカーネルパニックが発生し再起動してしまうというとんでもないエラーの情報
も出ているくらいですから、Xenを使用するなら無線有線問わず、Intel製NICを選択するのがやはり無難なのかもしれません。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です