CentOS6でXen4を利用する


CentOS6の標準のYumリポジトリから、なんとXenが消えてしまいました。。。
そうですよね。。KVMよりなんですもんね。
でもこのサイトで、CentOS6でもちゃんとXenが動く方法を紹介してくれています。
http://www.ayutaya.com/2011/05/22/xen4-sl6-dom0/

Xenはカーネルをビルドする必要があるので、こういったインストール方法で無ければ複数の物理環境でXenを動かすなんてのは非現実的です。
ですのでこのサイトの管理者様と、リポジトリを公開している方に感謝です!
これでIntelVTやAMD-Vに未対応のCPUにもまだまだ活躍の場が残せそうですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です